大人エレベーターのCMが放送されていて毎回
どんなゲストが出るのか楽しみにしています。

CMの中での会話がいつも深くて心に響きます

今回は、36歳の大人代表で、星野源さんです。

ここは36歳の大人が『大人な会話』を楽しむ
場所。『大人って、なんだ?』

その答えは、ここにあるかもしれない…

sponsored link

星野源(ほしの・げん)

星野源(36)
1981年1月28日 埼玉県生まれ。
音楽家、俳優、文筆家
身長:168cm
血液型:AB型

星野源オフィシャルサイト

アミューズオフィシャルサイト

オフィシャルツイッター

オフィシャルFacebook

引用元:https://ja.wikipedia.org

星野源『WEB限定ロングバージョン』

詞と曲はどっちが大切ですか?

詞と曲はどっちが大切ですか?

星野源:自分にとっては切り離せないもので…詞も曲も。歌詞の内容、歌詞の意味ということはあってもなくてもいいと思っていて、でも日本語というものの特性をうまくいかせた言葉使いをして、そこにメロディーをはめることによって、本当にマジックがいろいろ起きる。だから、きっても切り離せないと思う。

恋とは?

恋とは?

星野源:気がついたらなっているものだと思います。日本語ってすごく美しいなと思うのは、恋に落ちるという言葉は本当にすごいなと思ってて、なんかすごいきれいな言葉だな…恋って日本語しかないの。翻訳できないの恋って。LOVEだと愛になっちゃうから。すごく日本的な感情なんだってことに恋っていうタイトルにしようと思ったから、歌詞を書いただけですごく調べたんだけどあんまないの。

幸せとは何だと思いますか?

幸せとは何だと思いますか?

星野源:人によって違うよなと思う。なんだろう…例えば今の自分みたいに、ご飯うまいわ~ていうので十分幸せみたいな。あとこういう仕事で、知らない人と会うのが楽しいと思う人もいると思うし、サッカーボール蹴ってるのが幸せとか…なんか形がない。どんな形でもその人の幸せというのがあって、可能性なんじゃないですかね。その人の数だけの…

奇跡って信じますか?

奇跡って信じますか?

星野源:信じる、信じないにかかわらずあると思う。奇跡的なことが毎日起こっている気がする。やっぱ、言葉として素敵じゃない奇跡とか。なんかみんな幻想をもっているけど、割りと普通に身近にある気がするなぁ。めちゃくちゃ特別なことっていうのは、なんかそれぞれみんなきっとあるんだと思う感じですかね。気づいてないだけというか…

ライバルは必要ですか?

ライバルは必要ですか?

星野源:いらないんじゃないかな。もともと競うというのがあんま好きじゃなくって、徒競走とかでもパーンとスタートした時でも、もういいやという感じになっちゃう。それより、1人でタイムを縮めるように頑張るとかのほうが好き。自分がどうありたいかとか、どうなりたいだとか、という気持ちのほうが大事だと思うからいらないかもしれない。

落ち込んだ時の対処法は?

落ち込んだ時の対処法は?

星野源:おもしろいものに触れる。何か人の表現に触れるというか、音楽を聴いたりとかテレビ見たり、映画見たりする。ゲームしてわぁ面白い!となるともうだいたいその1日は大丈夫!乗り越えちゃう。

ポジティブとネガティブどちらですか?

ポジティブとネガティブどちらですか?

星野源:心配症だけどポジティブ!いろんなシュミレーションは常に頭の中にあって、最終的には何でもいっかみたいなw

sponsored link

大人とは?

大人とは?

星野源:何か心綺楼みたいだよね。成長すればするほど先に進んでっちゃって、いつまでもつかめないみたいな。

若さとは?

若さとは?

星野源:若い人ってさ若いことを演じてるよね。あっ今楽しまなきゃ!若くいなきゃ!みたいな、幻なんじゃない。

恥ずかしさってありますか?

恥ずかしさってありますか?

星野源:全部恥ずかしい。恥ずかしいままやるっていう人のほうが、品があって好きだなぁ。

これから人生でやりたいことは?

これから人生でやりたいことは?

星野源:みんなに伝わるようなものって、過激じゃないって思っているけど、本当は一番過激なことだと思ってる。

ウソは必要ですか?

ウソは必要ですか?

星野源:人間らしさの一つだと思うからあっていいと思う。役者っていう職業は、やっぱり楽しくウソをつく職業だから。

一番大切な人にかけたい言葉は?

一番大切な人にかけたい言葉は?

星野源:どんなに裏切られても大好き!どんな状態でも信じてるよって。

撮影後のインタビュー【星野源】

撮影後の感想をお聞かせください!

星野源:すごく楽しかったです。妻夫木くんとは、すごく久しぶりだったのでしっかりお話するのも13年ぶりぐらいです。仕事場ですれ違ったりすることはあったんですけど、撮影というのは忘れてしばらくしゃべっていました。

妻夫木くんの家庭の話はすごく感動しました。すごく生活を大事にしているんだなと思って。妻夫木くんが自分の言葉でしゃべっているのは、印象的でしたしかっこいいなと思いました。壁を感じることなくただただ楽しかったです。

妻夫木さんとの共感できることは?

星野源:十数年前に共演させてもらった時は、あんまり深い話をする時間がなくて、妻夫木くんとの共通点は少ないんじゃないのかなと思ってたんですけど、友達とワァーと遊びにいくのが得意じゃないという話もしていたので、自然な感じというか、シンパシーを感じながらお話することができたのかなって思います。

若い時から有名な人だから、どんな感じなのかなと思ってたんですけど、あらためて素敵な人だなと思いました。

撮影後のインタビュー【妻夫木聡】

撮影後の感想をお聞かせください!

妻夫木聡:大人っていうものが実態のないもので聞いてきた中で、若さって聞いた時にそれ自体も幻なんじゃないかっていう言葉を言ったのが印象的でした。若さって実態のあるもので、まだ無知な人間がいろんなものを吸収していく前の姿みたいなイメージがどこかにあって、若い人が若いと分かっていて若さを演じている時があるなぁと思った時に、大人とか、若さとか、そういうこと自体が人間がかってにつくっている言葉なのかなとハットした瞬間でした。

星野源さんとの共感できることは?

妻夫木聡:同年齢というのは話やすいというのがありましたね。源とは十数年前から一緒に共演したことがあった人だったんで、とても話やすかったし、同い年だからこそ分かち合えるみたいなことはありましたね。

源の言葉でもでてたけど、30歳を超えて今までの20代の自分が大人になりたかったんだなぁと感じた時に、すごく肩の荷がおりたというか、純粋に芝居を楽しむことを思い出せたという感覚がどっかあったんですよね。

なんかその感じも源に似ているのかなというのがあって、とにかく今を楽しむことを大事にしているのかなぁというのが僕自身も共感できることだったのでそういうところですかね。

sponsored link

まとめ

最後まで読んでいただきありがとうございます
この記事がお役に立てばうれしいです。